フレスコボールラケットショップOPEN!

現役社員が伝える、ブロガーが損しないための「ASPの仕事、内部事情、徹底活用術」

私はもともとフレスコボールというマイナースポーツの発信メインでtwitterを使っていたのですが
この前、マナブさんに触れていただいたおかげでフォロワーがだいぶ増えました。


きっと増えたフォロワーはブロガーさんが多いと思いましたので、今回はASPとして、少しでも有益な情報を提供したいと思います。
 
 
突然ですが。
 

個人的には正直世の中、代理店は極力挟まないに越したことはないと思っています。

「広告」代理店だけのことではなく、転職にしかり、不動産仲介にしかり、旅行にしかり。

基本はマージン(仲介手数料)の分だけ、自分がもらえる額面は減ります。

ですがそれは対価として支払っているものがあるので仕方ありません。

アフィリエイトで言えばそれは、豊富な広告の数、システム利用料、請求代行、金額交渉、etc….

 

ですので今回伝えたいことは

挟まなきゃいけない以上、ASPを徹底活用して収益を最大化しましょうね

ということです。

目次

なぜ私がお伝えするのか

なぜ私が伝える意義があるのか理解していただくために、
①私が何者であるか
②もしもアフィリエイトってどんなASPなの?
という話をさせてください。

略歴

株式会社もしもに、2017年9月に入社しました。
その前までは
旅行代理店 ⇒ 広報・PR代理店 ⇒ SEOコンサルティング会社
というキャリアです。
アフィリエイトはもしもに入社してから始めました。
理由はシンプルで、自分が稼げてないと
広告主に対してもメディアに対しても、的確なコンサルティングなんてできないなと考えたからです。
ありがたいことに、今はこの「しばろぐ」単体で月収100万を超えることができています。
なので、ブロガーの気持ちや考えも十分理解できるはず、と思っています。

もしもアフィリエイトについて

株式会社もしもが運営する「もしもアフィリエイト」は、どちらかと言うと後発のASP。
ポイントサイトやリスティングメディアとはほとんどお付き合いがなく、SEOでの個人メディアを応援する、というスタンスです。
今、話題の「ブロバー」の法人スポンサーでもあります。
https://camp-fire.jp/projects/view/138001

「個人ブロガーを応援するASPなら、これは協賛しましょうよ」
って話を取締役にしたら、即レスで「いいですよ」と言ってくれる、素敵な会社だと私は思っています。
実はブロバーのケイタさん、ぶんたさんに、
「ASPの内情って需要ありますよ」っと言っていただいたのも、今回書こうと思ったきっかけでもあります。

収益を最大化するためにASPを知ろう

ASPを徹底活用するために、まずはASPについて知ってもらいたいと思います。
まず、前提としてASPはブロガーさんなしでは生きていけません。
それを説明していきますね。
 
 
まずはASPのビジネスモデルです。

基本的に収入は、広告主からの

単価 × 発生数 × 承認率 × 手数料 + (固定費)

と単純化できます。
固定費にカッコがついてますが、もしもアフィリエイトは固定費をいただいておりません。
なので完全にブロガーさんが儲けないと、もしもアフィリエイトも儲けられません。
手数料はどこのASPも30%が多いようです。
なので変動数値だけの数式にすると
単価 × 発生数 × 承認率
になります。
お気づきでしょうか?
 
つまりなにが言いたいかと言いますと、ブロガーさんの売上構成と全く同じなんです。
たまにですが
「否認で不正行為をしているだろ!」
とASPにクレームが入ったりしますがそんなことしても、ASPはなんの売上にもなりません。
(ASPは敵ではなく味方です、ご理解くださいませ・・!)
ではそれぞれ詳しく分解して、ASPは何を最大化しようとしているのかお伝えします。

承認率

わかりやすいので数式の後ろの因子から。
承認率は、発生した成果がどれくらい承認されるかの割合ですね。
正直にお伝えしますが、承認率はASPではどうしようもない数値で、完全に広告主が握っています。なので最大化しようがありません。
ただアフィリエイトの計測システム上、いろいろ噂は尽きない話題ですので、この話はいつかブロバーで話してみたいと思います。

発生数

こちらを最大化するために必要な要素を洗い出してみます。

ASPにとって、発生数を左右するのは

「良質な広告」「有力メディア」に「自社(もしもアフィリエイト)経由」掲載されているか

これに尽きます。
 
「良質な広告」を探す、というのはブロガーの皆様も市場選定からおこなっているかと思いますが、ASPも同じことをしています。
できる限り多くの良質な広告(需給バランス、サービスパワー、Webで申し込む必然性、etc…)を会員さまに届けたいと思っています。
ただこれって本当に難しいですよね。日々、PRTIMESやWebニュースや情報誌を見漁ってます。
「有力メディア」についても、日々検索結果画面とにらめっこしたり、ツイ廃になったりしています。
そして、次が最大の難関です。。
どのような場合、ブロガーさんは「もしもアフィリエイト経由」で広告を掲載するでしょうか。それは掲載したい広告が
①もしもにしかない
②単価(条件)が他社ASPより良い
シンプルにこの2つだと思っています。
もしも独占案件にするのはかなりハードルが高いです。
(冒頭でお伝えしたように、広告主さんから固定費をいただいていないので、それでも独占案件は多いほうかと思いますが)
なのでやっぱり数式の「単価」という因子に対して、最大化スイッチを押すしかないんですね。
単価(※ここを最大化する) × 発生数 × 承認率

単価

単価を最大化する
つまり特単です!!
特単を他社より先に提供したいんですよ!!
できる限り多くの方に特単を提供したいんです!!
 
「特単くださいって連絡、迷惑じゃないかなぁ?」
ありえません!
「まだそんなに成果も多くないし」
それでも連絡ください!
 
精一杯、交渉させていただきます。

関係を築いて特単をもらおう

ということですので、特単をとにかく提供したい。本気でそう思っています。
では具体的にどうしたら特単を提供してもらえやすいか、まとめてみました。

大前提として、連絡は嬉しい

「特単くださいって連絡、迷惑じゃないかなぁ?」
ありえません!
 
お伝えした通り、日々、検索結果画面とにらめっこしては、ツイ廃になって情報収集しています。そして有力そうな方を見つけては連絡を取ります。
それでも、なかなか全てのメディアを把握するのはできないんです。
なので、少しでも迷ったら、連絡が欲しいです。
きっとどのASPでも共通だと思います。

お互いの時間を無駄にしないためにお伝えしておきますと、大手通販サイト(AとかRとかYとか)の特単は不可能に近いです。

 
「まだそんなに成果も多くないし」
それでも連絡ください!
 
また、成果がそこまで多くなくてもチャレンジしてください!
(さすがに0〜5は厳しいですが・・)
正直成果が多くなってくると、他社に特単提供を先越されちゃいますからね。
今現在成果が多くなくても、伸びしろが示せれば、特単は提供できます!

特単をもらえるブロガーの特徴とは

広告主の課題を解決できる人

まぁ基本的に課題というのは申込数を増やしたい、なんですが。
よくCVしやすいKWに「商標」関連ってありますよね。
実は、成果が多くても「商標」だけでの検索上位では概して特単は難しかったりします。(もちろん例外もあります)
「商標」がKWに入っているということは、広告主のサービスを既に認知している層からの申込みです。
やっぱり申込みを増やすには、サービスをそもそも知らない層にアプローチをしたいんですよね。
(広告ってもともと認知目的でしたよね?)
広告主の課題を想像できて、こんなKWで上位にいたら喜ぶだろうなぁと妄想できる人は強いです。

先にGIVEができる人

特単付与の条件として、新規記事の作成だったり、既存記事のリライトがあったりします。
私が担当させていただいている有力なブロガーさんは、最初から無理とは決して言わないなぁと思います。
仮に無理な場合でも、必ず代替案を持ってきてくれます。
 
決して、広告主の言いなりになって欲しいわけではありません。
ただASPとしても広告主への交渉に使うための「お土産」が欲しいんです。
ご無理のない範囲でご対応いただけるととても喜びます。

コミュニケーションが取れる人

当たり前かもしれませんが、これ、案外難しいですよね。
世の中には昔っから、コミュニケーションに関する本が溢れかえっています。
逆に言うと、それほど長い間、解決されていない悩みのタネなんでしょう。
コミュニケーションについては、次章で簡単にまとてみました。
まだまだ未熟なところもありますが、マナブさんにも褒めていただいているので、過度な謙遜はしないでおきます。

信頼獲得のコミュニケーション術

私がメディアや広告主とコミュニケーションする際に気をつけていることを共有いたします。
(自戒を込めて)
特単をもらうための連絡の際にも、意識してもらえるとスムーズに話が進むなぁと思います。
全てに共通する必要な意識は、相手への配慮です。

「質問」「相談」「報告」「依頼」は 最初に明確にする

長い文章が送られてきて、何回か読み直してみても、相手がなにを言いたいのかわからないことってよくありませんか?
これって往々にして、どこからが「質問」で、どこからが「相談」なのか、どこまでが「報告」なのか、読み手が分かりづらいからからなんです。
例えば、文面の最初に

今日は「報告」と「相談」があります。

と記載して
文中は

【報告】
〜〜〜〜
〜〜〜
【相談】
〜〜〜〜
〜〜〜〜

とするだけでも、かなり読み手への配慮が伝わりますね。
無駄なメールの往復を発生させて、相手の時間を余計に奪わないためにも意識してみてください。

「質問」と「背景」はセットで

これもあるあるでして、簡単な質問ならいいのですが、ちょっと複雑な質問だと意識したほうが良いです。
必ずその質問をする「背景」を加えましょう。
人間ってなんのための質問なのかが分からないと的はずれな回答をしてしまうんですね。
で、そうならないために質問を受けた側は、なぜその質問をするのかを質問で返さなければいけなくなります。
これも無駄なメールの往復になりますよね。

「相談」と「仮説」「意志」はセットで

これも良く言われることですが、けっこうできていないことって多いと思います。
なにかを「相談」する際には、その人なりの「仮説」と、結局自分はどうしたいのかという「意志」が知りたいです。
「仮説」がなければ、その人がどこまで考えた結果相談していて、どこから自分が相談に乗ったらいいかの戦引きができません。
「意志」がなければどこへ進みたいのか分かりませんし、方向性が分からなければ、発生するであろう課題も曖昧になってしまいます。
繰り返しになりますが、読み手への配慮が大事です。

「報告」「依頼」の際には「疑問」「不安」「期待」のマトリックスで

これは「質問」や「相談」にもあったほうが本当はいいのですが、特に「報告」「依頼」の際には気をつけています。
なにかを伝える際には、その情報を受けた側が感じるであろう
「疑問」
「不安」
「期待」
を先に想定してあげて、それを解消してあげる情報をコミュニケーションに付け加えるととても良いです。
詳しくはルール・オブ・スリーという本に書いてあります。
ぜひ読んでみてください。

ASPが困ることベスト3

逆説的ではありますが、ASPが困ることを理解してもらえれば、より担当者と良い関係を築ける近道になるかと思いましたので共有させていだきます。

1位:連絡が取れない、取れなくなる

シンプルですが、これが一番困るんです。
せっかく特単を提供できる話をもらえたのに、連絡が取れない
(美味しい話を持ってきたのになぁ・・・)
無償でクーポンを提供したのに、連絡が取れなくなる
(広告主になんて説明したらいいのやら・・・)
もし自分には必要がない特単提供の連絡でも、返信だけでももらえると嬉しいです。
見てもらえてはいるんだと知ることができますし、別の提案にもつながります。
(いえ、必ずやつなげます)

2位:報告・相談なしの記事取り下げ

特単提供のよくある条件として、新規記事作成やリライトがあるとお伝えしました。
引き換えに特単をもらっているにも関わらず、勝手に該当記事の削除をしたり、競合サービス推しの文面にされてしまいますと、とても困ります。
他社から営業が来るのはしょうがないです。
ただ義は通してもらえたら嬉しいです。相談できることもたくさんあるかもしれません。
(いえ、相談してでもメリットを増やします)

3位:張り替えますという脅し

これもたまにあります。
「承認率が低いのでなんとかしないなら他社へ張り替えます」
という脅しのような文面です。
これめっちゃ困ります。
お伝えしたように、承認率はASPでは基本どうしようもできないんです。

そもそもですが否認されることが多いものとして、サービスの本申込みがオンラインではなく、オフラインの申込みになっていることがほとんどです。
そういったサービスは本来、オフラインでの申込みで成果発生であれば、それは100%承認に至ります。
ただアフィリエイト広告の仕組み上、オフライン申込みはWEBで成果が捕捉できないので仕方なしに、オンライン上のどこかに成果発生条件をおいております。
例:
成果発生条件:無料体験会申込み → オンライン
成果承認条件:無料体験会参加  → オフライン

もちろん不正を働きそうな広告主はチェックしています。
ですが、ASPを張り替えますよ、という風に言われても抜本的な解決はできないんです。

お願いされてもできないこと

最後に、これはできない、ということをお伝えさせていただきます。
それは
成果が出やすいお宝KWをおしえてくれ
というお願いです。
「なんで教えられないんだ!ケチ!」
「成果でないとASPも儲からないって言っただろ!」
「自分もアフィリエイトやってるから言いたくないだけだろ!」
とすぐに罵声が飛んできそうですね。
結論から言います。
 
 
 
知らないんです
 
考えてみてください。
お宝KWを知っているというのはどういうことか。
本来ASPが知ってるはずはありません。
お宝KWはブロガーの方の大切な情報で、外に漏らすはずなくないですか?
それをASPが知っていて教えるという行為は、ASPが誰かの貴重な情報を聞いて漏洩していることに他なりません。
自分の貴重なKW情報が他者に知られるなんて、絶対避けたいはずですよね。
なので、私は
お宝KW情報は教えられませんし、逆に聞くことも絶対にありません。
もちろん、そういったことをするASPもいるのかもしれませんし、別に善悪をここで言いたいわけではないのですが。
特にもしもは副業が自由なので、そのルールは徹底しています。
もしお宝KWを自分の頭で考えずに知りたいのであれば今は各種ツールが豊富ですので
広告主のサービスサイトが出稿しているリスティングKWを覗いてみてください。

終わりに

最後までお読みいただきありがとうございます!!
初めての試みでしたので、不足している、または欠けている内容もあるかと思います。
それでも有益だと思ってもらえましたら、twitterでフォロー&RTいただけると嬉しいです。
また要望が大きくあれば今後も発信していきますね。
今回の話は一言でまとめますと
 
ASPは特単を提供したがっていてたまらない
 
です。
ぜひ、ASPを有効活用してください。
もしもアフィリエイトの会員でない方は、これを気に登録いただけると嬉しいです。
https://af.moshimo.com/
※アフィリエイトリンクにすることもできましたが、、(笑)
 
また


ということで
もしもで働いてみたいと思ってくれた人も歓迎です!
DMお待ちしております。
 
 
 
以上、もしもアフィリエイトの華麗なるステマでした。
[getpost id=”2207″]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (4件)

コメントする

目次
閉じる