【フレスコボール しばろぐ杯】 2020年2月1日〜2日@福岡ももち浜

目次

大会終了

今大会は福岡での開催でありながら

  • 関東
  • 関西
  • 四国

からフレスコボール選手が集まり、総勢27名が大会に参加してくれました。
天気にも恵まれ、怪我人も出ず、福岡タワーのもと無事に大会を終えることができました。
参加選手の皆様、スポンサー企業、ももち浜海浜公園管理事務所に感謝申し上げます。
種目は初のトリンカということで
「新感覚!」「トリンカ楽しい!「来年もやってほしい!」
というお声をたくさんいただくことができました。
毎年恒例行事にしていきたいと思います。
そして、福岡県にカルチャースポーツとして今後もフレスコボール普及を進めていきたいです。

大会結果

競技DAY

1日目は事前にエントリーしたチームでの試合です。

第3位

岸田直也&赤塚康太&倉茂孝明チーム


全員が日本代表選手のため多くのハンデを負いながらも、見事第三位となりました。
平均身長も高く、力強いアタックを打てるこのメンバー。
またそれをさばくディフェンスも相当なレベルでした。
おめでとうございます!

準優勝

諏訪純也&落合真彩&赤塚康太チーム


第三位とは僅差の5ポイントで準優勝を獲得しました。
勝敗を分けたのは少しのハンデと順序ミスの少なさ。
かなりの身長差がありますが、みごとにコントロールしたディフェンスの精度はあっぱれです。
おめでとうございます!

優勝

山田昌子&岡井花子&樋口正祥チーム


見事優勝したのは、日本代表岡井選手率いるこのチーム。
なんと落球は唯一の一桁台であるたったの8球。順序ミスも「1」と高精度のディフェンスを岡井選手が担いました。
またそれに対してフレスコボール福岡メンバーの2人も丁寧に気持ちでアタックをつないでいたように思います。
おめでとうございます!

ベストディフェンス賞

織田修平


ディフェンスとは、いかに気持ちよく相手にアタックを打ってもらえるかの勝負。
そういった視点で全試合を見ていました。
とても悩みましたが、アタック側の女子2人(別役絵里選手、田村沙希選手)を終始笑顔にさせコンビネーションを引き出し
きれいに打ち分けつつ、相手の体勢をかんがみた返球をしていたと思いノミネートいたしました。
賞品として協賛企業さまよりSLASTIKのサングラスが授与されました。
おめでとうございます!

エンジョイDAY

2日目は抽選によりチームを組み、そのまま試合をしました。

優勝

織田修平&山田昌子&岸田直也チーム


まさかの

  • 初日優勝メンバー(山田)
  • ベストディフェンス賞(織田)
  • 日本代表(岸田)

がそろったチームが生まれました。
偶然みんな◯田ですね
もちろんハンデはありましたが、こちらも落球は一桁の「9」におさめ高得点を叩き出します。
全くブレがないラリーは圧巻でございました。
おめでとうございます!

ベスト思いやり賞

出羽大輔


今大会を通じて、一番思いやりを感じられた選手へこちらの賞を贈りました。
賞品として協賛企業さまよりのQUAKYSENSEのポロシャツが授与されました。
おめでとうございます!

ベスト笑顔賞

田村沙希


今大会を通じて、一番笑顔を忘れずに明るくプレーをしていた選手へこちらの賞を贈りました。
賞品として協賛企業さまよりのQUAKYSENSEの防水バッグが授与されました。
おめでとうございます!

後記


フレスコボール普及のために福岡に移住しちょうど1年が経ちます。
フレスコボール福岡のメンバーも少しずつではありますが増え始め、もっと福岡を盛り上げたいという気持ちが強くなりました。
とはいえ、まだまだ他地区のプレイヤーの力を借りないといけない状態でもあります。
ですが、フレスコボールってそれでいいのかもな、とも思っています。
もともと東京で始めたフレスコボールの普及活動。
今でもみんなが切り離されている存在ではなく
お互いに助け合って、切磋琢磨するライバルでもありながら
日本全国へ普及が進み、各所で盛り上がってきているなと思います。
やっぱりフレスコボールが大好きだと、再認識するいい機会を参加選手にもらいました。
ありがとうございました。
これからも福岡だけでなく、日本全国への普及活動がしていきます。
よろしくお願いします!

1 2
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる