フリーランスのパーソナルトレーナーになる準備リスト

PLIZでは現在トレーナーさんには業務委託にて仕事をお願いしております。
そして、フリーランスとして活動をおこなっていただくパートナーとなります。

なので、その準備でいろいろ聞かれることがあリます。
せっかくなので、その準備リストを共有したいと思います。

目次

開業届

屋号を決める

屋号とは、法人でしたら会社名となるものですが、フリーランスは任意での設定となっています。
なくてもいいので、こだわりがなければ設定しなくても大丈夫です。

ちなみにパーソナルトレーナーなら、開業届で必要な項目は以下のようになるかと思います。

スクロールできます
項目内容
税務署長名提出先の税務署名を記載
提出日事業開始後から1ヵ月以内に
納税地住んでいる場所を記載
上記以外の住所地自宅兼職場の場合は不要
氏名・生年月日氏名を記入後に印鑑で捺印
個人番号マイナンバーや通知カードの数字を記入(12桁)
職業パーソナルトレーナー
屋号任意
開業先の住所と氏名個人の住所と氏名を記入
所得の種類事業所得を選択
開業・廃業等日開業した日を記入
開業・廃業に伴う届出書の有無青色申告を行うので「青色申告承認申請書」の「有」を選択

会計ソフトで開業届を作成する

先程の項目の最後に「青色申告」という言葉が出てきましたが、こちらは確定申告のことです。
確定申告はフリーランスの方も、必ず年に1回しなければいけません。

私は簿記の知識が当時ほぼありませんでしたので、クラウド会計ソフトを使用していました。

そしてありがたいことにそういったサービスには、開業届を作成する機能もあります。
私が当時使用したのは「開業freee」です。

こちらの開業届サービスは無料ということもとてもありがたいです。
知識がなくてもカンタンに作成から届け出までおこなえます。

ちなみに確定申告や請求書作成サービスもあるので、確定申告freeeは登録必須かと思います。
銀行口座やクレジットカード情報が必要になるので、準備ができた段階でそちらも登録しましょう。

金融周りの準備

フリーランスになると、お金周りの環境を整える必要があります。
というのも確定申告の際に、プライベートと事業用の情報が分かれていないと非常に煩雑になるためです。

銀行口座開設

まずは個人事業主用の銀行口座を開設します。

今使用していない銀行口座なら基本的にはどこでも良いかと思います。
特にこだわりがなければ、ネットバンクがおすすめです。

私はフリーランス当時、楽天銀行を使用していました。
毎月最大3回、振込手数料が無料になることが地味に嬉しいです。

東京スター銀行も毎月3回まで振込手数料が無料です。
どちらか使用していないものがあれば、口座開設をしておきましょう。

楽天銀行なら紹介コードがありますので、ご希望の方はご連絡ください

クレジットカード作成

次にクレジットカードです。

個人事業主用のカードを作成することで、経費の管理がラクになります。
必ず分けて使用しましょう。

ちなみに開業初期から年会費がかかるクレジットカードは作成しなくて大丈夫です。
まずは年会費無料で利用できるカードが1枚あればOK。

ブランドは利用店舗の多いVISAが基本的にはおすすめです。
(JCBやマスターカードは使えない店舗もあります)

銀行口座をもし楽天銀行なら、せっかくなのでクレジットカードも楽天カードが良いですね。
ポイントの貯まりやすさが違うと思います。

こちらも紹介コードがありますのでご希望でしたらおしえてください。

もし、すでに楽天カードをプライベートで使ってしまっていたら「エポスカード」もおすすめです。
年会費無料なのに、特典がたくさんあります。

私もそうだったのですが、それなりに使用しているとゴールドカードへ無償アップグレードしてくれるご案内が届いたりもします。

ゴールドカードになると、空港のラウンジも無料で使えるようになるのでとっても快適です。

注意点

リボ払いは絶対にやめましょう。
作成する際に、チェックを外さないと自動でリボ払い設定になる場合があります。

必ず確認して、チェックは外してくださいね。

freee連携

銀行口座とクレジットカードができたら確定申告freeeにも登録しましょう。

プランは月額980円のスタータープランで十分かと思います。
(この費用も、もちろん経費扱いとなります)

銀行口座とクレジットカード連携ができるので、毎月の利用がすべて自動で反映されるようになります。

通信周りの準備

フリーランスとして活動するなら、毎月の固定費もせっかくなので見直しましょう。

私もすぐにおこなったのですが

格安SIM × ポケットWiFi

の活用です。

スマホの方は、判断が曖昧になるのでしませんでしたが、ポケットWiFiは通信費として経費計上もできます。

格安SIMのギガ数を最低限のプランに設定し、ポケットWiFiを活用することで通信費が大幅に下がります。
またポケットWiFiがあることで、自宅のインターネット環境も快適になります。

私が使用していたのは「クラウドWiFi」です。

月間100GBまで利用できて月額3,718円なのでとても安いのですが、特筆すべきは違約金が無料というところ。
2年縛りのWiFiが多いのですが、こちらは契約期間の縛りなしです。

格安SIMについては同じ流れで、「楽天銀行×楽天カード」が実現できているなら「楽天モバイル」が良いです。
やはりポイント還元率が上がっていきます。

楽天モバイルは月額〜1GBまでならまさかの無料、〜3GBまでなら1,078円。
ポケットWiFiを活用して、うまくギガ数を抑えていきましょう。

しかも、国内通話も楽天モバイルアプリを使用すると5分以内の通話が無料になります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる